相続税の申告期限はいつ?

相続税の申告期限は、相続が起こった直後にはなっていません。
そのため被相続人が亡くなった直後、慌てて相続税の支払いをする必要はありませんから、その期限を詳細には把握していない方も多いでしょう。
しかし相続後、だいぶ時間が経ち、そろそろ申告期限が近付いている方など、実際に何日までに相続税の支払いが必要なのか、期限が本格的に気になってきますよね。

この申告期限が何日かというと、これはケースによって詳細な日付は異なります。
すべての相続税納税者に公平を期すため、その相続が起こってから期限を数え始める方式ですから、誰でも共通する申告期限などはないのです。
知っておきたいのは、その申告期間ですね。
これは相続の開始を知った日の翌日から10ヶ月と決まっています。

すでに申告期限が近いと思う方は、いつが期限なのか、この基準で残り期間を調べられます。
自分が相続の開始を知った日の翌日より、10ヶ月を数えてください。
このとき、すでにだいぶ時間が経っている方は、残り日数も少ないですよね。
申告期限がぎりぎりになることもありえますから、できれば1日でも猶予期間を活用するため、申告期限の最終日を正確に知りたいことも多いでしょう。
そのようなときのため、相続税の申告期限を調べる専用の数え方をご紹介します。
まだまだ期間がある方は、相続の開始から約10ヶ月と大雑把に思っておいてもOKなのですが、期限が近い方はこの方法で確実に日付を調べましょう。

その方法は、まずは相続の開始を知った日を確定します。
これは基本的に被相続人が亡くなった日となります。
仮に相続という制度を知らなかったり、自分が相続人になることを知らなかったりしたことで、遺産分割や相続税への対応が遅れた場合なども、相続税の申告期限に影響はありません。
制度のことを知らなかったという事情では、この相続の開始を知った日を被相続人の死亡日から変更することはできませんから、注意してください。
基本的には、被相続人の死亡日が、相続の開始の日となります。

この日が確定できたら、この日の次の日付をチェックしてください。
なぜかというと、相続税の申告期限の初日は、相続の開始を知った日の翌日だからです。
仮に相続の開始を知った日から10ヶ月としても、相続税の申告期限として使える日数にほとんど違いはありません。
ただ、申告期限が間近な方にとっては、1日でも猶予期間が欲しいですよね。

もし相続の開始を知った日から期限日を数えると、猶予期間が本来の締め切りよりも1日減る形になりますから、申告期限は相続の開始を知った日の翌日からきちんと数え始めることをおすすめします。
その日を起算日として、10か月後の日付をチェックしてください。
そしてその日付の1日前が、相続税の申告期限となります。

たとえば8月10日に被相続人が亡くなったら、その日が同時に、自分が相続の開始を知った日となります。
その翌日から相続税の申告期限は数え始めますから、8月11日が起算日となるのです。
この日付の10か月後は翌年6月11日となりますから、この1日前の日、つまり6月10日が相続税の申告期限となります。

なお、10か月後の日付をチェックした後、その1日前の日付が申告期限となることについて、一見すると1日分期限が少ないように見えますよね。
先の例で相続税の申告は8月11日から翌年6月10日までにやる形となりますが、起算日から10ヶ月というと、6月11日までなのではとも思えるでしょう。
申告期限がもう近く、焦っているときなど間違えやすいのですが、これは1日分、不当に期限が減っているわけではありません。

この相続税の申告期限でいう1か月とは、起算日からカウントを始め、翌月の起算日の前日までで1か月と数えているのです。
先の例でいえば、相続税の申告期間の最初の1か月は、8月11日から9月10日までとなるのですね。
つまり申告期限の2か月目は、9月11日から10月10日までになるわけです。

このようにカウントをしていくと、相続税の申告期間の最終日にあたるのは、起算日から10か月後にあたる日の前日となるのですね。
そのため、先の例での相続税の申告期限は、6月11日ではなく6月10日になるのです。
早めに動いて10か月目を待たずに申告が終わりそうな方には、あまり関係のない細かい話になるのですが、すでに期限が近く、ギリギリになりそうな方にとっては非常に大事なポイントです。
特に最終日に申告をするつもりの方など、間違えて期限最終日の翌日に申告をしないよう、何日が最終日なのか、注意して確認してください。

なお、このように最終日を確認した結果、そこが土日や祝日、お盆や年末年始など、一般的に税務署が閉まっている日にあたったら、どうなるのでしょうか?
このときは、その日から見て直近の開庁日が申告期限となります。
たとえば先の例で6月10日が土曜日にあたり、その2日後の月曜日まで税務署が開かない場合、2日後の6月12日が期限となるのです。
このように期限間近の相続税の申告期限を調べる場合、少し細かい規定も確認が必要ですが、このようにして厳密に何日が締め切りなのか、確定できます。