相続税の申告期限の確認

すでに相続の手続きを開始して半年以上経っているときなど、相続税の申告期限が近いのは確かです。
しかし具体的にいつなのか、はっきりとわからないときなど、スケジュールも立てられませんよね。
そんなときはまず申告期限を正式に確認したいと思いますが、これはどうしたらいいでしょうか?

自宅からでも簡単に確認する方法があります。
まずは国税庁のお知らせをチェックしてみましょう。
税金の計算方法や申告期限、申告対象者など、税金に関する多くのお知らせは、国税庁の方から詳しく情報提供されています。
しかもこれは現在、インターネット上で公開されているものですから、ネットにつながる環境さえあれば、基本的に24時間確認できます。
相続税の申告期限の決まり方についても、ここで詳しく説明されていますから、まずはここを確認してみるといいでしょう。

このお知らせを確認してもよくわからないときや、ネットにつながる環境がなければ、相続税の申告期限の確認は、直接問い合わせとなります。
問い合わせ先は税務署です。
相続税の申告先もこれら税務署となりますから、相続税についての問い合わせもできます。

電話番号がわかれば、そちらへ電話してみるといいでしょう。
在宅のまま、相続税の申告期限を確認できます。
もし電話番号がわからなければ、実際に税務署まで来訪し、窓口で直接聞いてみるのもおすすめです。
その場で相談ができ、相続税の申告期限についてもはっきりするでしょう。

このような方法で、いつが相続税の申告期限なのか確認できるのですが、いずれの方法でも、今回の相続についてわかる資料を用意し、それを見ながら確認した方が申告期限を正確に確認できます。
この申告期限はいつと一律で決まっているのではなく、相続が始まった日にちに応じて決まるものですから、自分のケースでいつが相続の開始日だったのか、それがわからないと問い合わせなどしても返答のしようがないのです。
期限間近で焦っているときも、まずは落ち着いて資料を用意し、期限を確認してください。